九州縦断!桜名所旅ラン3日目(2019.3.27)

九州縦断!桜名所旅ラン3日目。

金立公園5000本の桜と大展望

昨日は佐賀県に突入した。

今日は佐賀県を西へ進み、桜の名所を巡っていく予定だ。

昨夜は吉野ヶ里町にある二比山公園でのテント泊をした。ここは、キャンプ場と温泉も併設されており素晴らしい環境だった。

そして、今日の朝食!豪華!!一人のノンサポートだったら絶対にできないことだ。ありがたや~。

今の時期の朝の外は少し寒いが、素晴らしい景色とともにひと時の朝食を食べた。

昨日は到着が夜だったのでわからなかったのだが、この公園も桜がちらほらと咲いていた。

さて、準備を整え昨日旅ランを終えた宝珠寺から3日目のスタートだ。

佐賀市へ入り、次のポイントの『金立公園』を目指す。

佐賀市に突入した。

kmほどで『金立公園』に到着。

なんて読むんだろうと思い調べたら「きんりゅう公園」と読むそうだ。中々カッコイイ名前だ。

公園も広く公園と公園の間には高速道(長崎自動車道)が走っている。

桜もキレイに見頃を迎えているものに出会うことができた。なんとこの金立公園には5000本もの桜が植えられているとのこと!

金立公園の北側は斜面で高台になっており上に上がると佐賀市の景色が見える展望台があった。

この展望台周辺も桜が植えられており、とてもいい眺め。

さらにこの立派な東屋。

野宿でも快適そう。東屋を見るとここで寝やすいか寝にくいかを自然に考えてしまうのが旅人の職業病とでも言おうか(笑)

桜と合わせて、菜の花もたくさん咲いているエリアがあるというのでそちらも楽しむことができた。

右足を負傷

ここまできて、右足に違和感が出てきてしまい、テーピングをしてリスタートをした。

途中河原で小休止。

ひょんな道沿いにチューリップがキレイに咲いている場所があった。桜以外にも春を感じて進める。この時期は本当は知っていて飽きない。

 

日本のさくら名所100選『小城公園』と巨木

金立公園から12kmほど走り、次の目的地の『小城公園』に到着した。

小城公園(おぎこうえん)は日本さくら名所100選と日本歴史公園100選にも選ばれている公園である。桜も見頃を迎えており多くのお花見客で賑わっていた。

そして、この小城公園は桜だけでなく、巨木もたくさん立っており見応えがバツグンだ。

このスケール!まさしく歴史を見るだけで感じることができる。

小城公園を存分に堪能し、今日の最終目的地の武雄市を目指す。

武雄市といえば、図書館とスターバックス

武雄市へ入った。

武雄市でここといえば、最近ではここ『武雄市図書館』ではないだろうか。

洗練されたデザインの中に図書館とツタヤとスターバックスが入っており1日中でも過ごせるような場所だ。

推定3000年武雄神社の大クスノキ

今回は、趣旨が違うのでチラ見をしてすぐ横の武雄神社へ。

武雄神社手前(図書館すぐ前あたり)に世界一小さい展望台?!なるものを発見。

なるほど。正面には武雄神社と御船山を望める素晴らしい展望台だ。

武雄神社へ入り、すぐに夫婦檜があった。

さらに奥へと進む。

途中、竹林の荘厳な雰囲気のある参道を進み、お目当の場所にたどり着いた。

樹齢や3000年とも言われている、『大クスノキ』である。

高さ27m、根回り26m、根元の空洞は12畳分の広さがある。(実際に中に入ることはできない。)

目の前に現れてきたスケール感は半端なく、心を揺さぶられた。僕たち人類が生まれてくる前からこの地に根付きこの場所を見守ってきたのだろう。自然の偉大さを改めて感じる。

御船山楽園の夜桜ライトアップ

今日のゴールである、武雄神社の裏山にあたる『御船山楽園』に到着した。

こちらは、夜桜のライトアップが美しいということで夜の部の入場時間まで少しの間入場待ちをする。

展望台からの眺め。

そして夜のライトアップ風景がこちら。

観賞を終え、今日の温泉はもちろん「武雄温泉」。浴槽がとても風情のある温泉でした。

今日も一日桜名所旅ランを無事終えれたことに感謝し眠りについた。

今夜は雨の予報だ。

***********

3日目
52.4km
佐賀県吉野ヶ里町~佐賀県武雄市

#九州縦断桜名所旅ラン

#九州縦断#桜名所#旅ラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅ランナーいっちー

走って47都道府県をめぐる旅「日本一周☆旅ラン」を実施&完走(2015-2016)。 サブスリー達成。トライアスロンアイアンマンレース完走。「走る」を通じて「自然」、「旅」、「人」、「走ること」のすばらしさや楽しさを伝える。