九州縦断!桜名所旅ラン 5日目(2019.3.29)

九州縦断!桜名所旅ラン5日目。

おはようございます。

寝起きの顔がヤバイ!

 

今日は長崎県から熊本県へと入る予定だ。

昨日のゴール地点の「吾妻平木場線道路公園」へ車で移動をする。昨日当初はこの公園で泊まる予定だったが、車通りが激しく、治安もあまり良さそうでないので変更して外れた公園で寝泊まりをすることにした。旅中、寝るために僕が重要視しているのは、

・静かさ(人気が少ない=治安が良い)
・トイレがある
・水場がある

ということを条件に寝床を決める。よく車中泊などで利用が多い「道の駅」はトイレ・水場、(食料調達など)は完璧だが、「静かさ」は車の利用者がいるため案外夜中でも車の出入りがあるので個人的には選ばない。(道の駅によっても広い場所や公園が併設されている所もあるのでそういう場合もあるのでケースバイケース)

前置きはさておき、5日目をスタートする。

今日は国道251を進み島原市を目指す。

島原城と桜

国道251号線に併走してあるのが島原鉄道だ。海と鉄道がとても雰囲気がいい。

このローカル感が旅ランを助長させる。

信号がない踏切。田舎ならでは。

途中のコンビニで小休止。足の痛みもあり、今日の序盤だがテンション↘︎↘︎気味である。

走る右手には「雲仙岳」が佇んでおり、とても印象的だった。いつかこの山にも登って見たい。

24kmほど走って目的地の島原城に到着した。

外堀の桜が見頃を迎えており綺麗に咲いていた。

外堀1.2kmに250本の桜が植えられているそうで、300年もの歴史がある桜の名所となっている。

島原城内へ入る。

城へ向かう後ろには雲仙岳が雄大にそびえていた。

島原城

よくわからないが、ブロンズ像があったのでとりあえずやってみる。

名物島原そうめんを堪能

島原城の次は、熊本へ渡るため島原のフェリー乗り場を目指す。

フェリー乗り場に到着。

フェリー乗り場

出発時間を確認して、少し時間があったので昼食を取ることにした。島原の名物ということで「島原そうめん」を食べることに。

『水源』というお店で島原そうめんとそうめんをいただいた。地元の名物を食べれるのも旅の醍醐味だ。

スタンダードな島原そうめん

ラーメン風島原そうめん。

他にも多くは買えないが要所要所でご当地ものを買って楽しんでいる。

ご当地コーヒー牛乳を飲むのが旅ランでの楽しみの一つになっている。

いちご、これで200円!

長崎といえば、やはりカステラ。はしっこはお買い得♪

いざ、火の国熊本へ

フェリー乗り場へ移動して熊本へと渡る。

フェリーから雲仙岳を大きく見ルことができた。雲仙、島原ははじめて訪れた土地だったが気候・自然環境などとても良い場所だったと思う。

 

1時間ほどで熊本のフェリー乗り場へ到着した。

さてここから、熊本市街を目指して旅ランをリスタートする。

熊本城の桜と復興状況

市街を目指して進んでいる途中に、桜が綺麗に咲いている場所があったので寄ってみると、巨大な楠が立っていた。

大木に手を当ててみると、不思議と力をもらえて足が軽くなる。これって気持ちの問題なのだろうか。

ここで休憩をして、島原で買ったカステラとコーヒー牛乳を食べた。補給には最高の組み合わせ。

川沿いに咲いていた桜たち。

目的地の熊本城へ到着した。

熊本城は2015年の地震で現在も復興工事が行われており、一部のエリアに入ることができる。

桜の名所100選に選ばれており、広い敷地内に沢山の桜が咲いている。

お堀の外の桜は見頃を迎えていた。

 

「城彩苑 桜の小径」では熊本の様々な飲食、土産を見ることができる。

熊本城のいま。徐々に復興が進んでいる。

桜橋。「桜」をにアンテナが貼っているので見つけた。

熊本城と桜を堪能し、今日は熊本県熊本市まで49kmで終了。右膝の調子はどんどん悪化しているが、だましだましなんとか進んでいる。 明日のためにもしっかりとケア、休息をとろう。

***********

5日目
49.3km
長崎県雲仙市~熊本県熊本市

#九州縦断桜名所旅ラン
#九州縦断
#桜名所
#旅ラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅ランナーいっちー

走って47都道府県をめぐる旅「日本一周☆旅ラン」を実施&完走(2015-2016)。 サブスリー達成。トライアスロンアイアンマンレース完走。「走る」を通じて「自然」、「旅」、「人」、「走ること」のすばらしさや楽しさを伝える。