九州縦断!桜名所旅ラン 7日目(2019.3.31)

九州縦断!桜名所旅ラン7日目。球磨川と朝日。

昨日は熊本県八千代市坂本まで走った。 道の駅坂本でテント泊でとても快適に眠ることができた。今日は人吉を目指し、鹿児島方面へと進む予定だ。

昨日のゴール地点から7日目の旅ランスタート。

序盤は球磨川沿いを上流へと走っていく。人吉まで向かうには国道219号線が通っておりメインの道になっているが球磨川を挟んで向かいにも道があり通ることができる。鉄道が走っている道。こちらの道は狭く、車だと1台分しかない箇所も多く地元の人が主に利用する道のようだ。

天気のいい朝は気持ちがいいが、今日は特に心地よかった。

朝日と球磨川、交通量の少ない道など様々な要素が合わさり、そう感じたのだろう。

桜も走る道沿いに所々に咲いていて飽きない道だった。

 

しばらく走っていると、何台かの県外ナンバーの車が狭い道を結構な速度で過ぎ去っていった。気持ちよく走っていたのに少しその気分を削がれた。

そういえば、今日はたまたま日曜日だった。観光客が通るのだろうと思いきや、たまたま遭遇した人と話をした「しおりん」が教えてくれた。

昨日もそうだったが、今日もSL人吉号が走るようで、それを撮ろうと『撮り鉄』の皆さんが結集していたのだ。ましてや今日は桜が見頃を迎えており、SLと桜が映るベストショットを撮ろうと躍起になっているのだろう。

SLファンならずとも、「桜とSL、そして球磨川がキレイに写る写真を撮りたい!」と思うだろう。

僕たちも同様にベストショットを撮ってやろうと2人で話して調べてみた。通過予想時間にはまだ時間があったので先へと進むことにした。

SLの前に別の列車が通った。これも絵になる風景だ。

青空トイレ

途中「吉尾駅」の線路を跨いだ向かいにある公園にキレイに桜が咲いていた。

そして、、ええっと、、トイレですよね、、、

「青空トイレット」とでも言おうか。

でも開放感は、、、最高です。ww

満開に咲いている桜を眺めつつ球磨川を遡上していく。

この道は今回の旅ランの中でもとても印象的な場所となった。

桜と合わせて、今日は出会いにも恵まれた。

ロードバイクで八千代市から人吉市へ向かって走っている方に声をかけていただいた。トライアスロンをされる方で、今回の旅の話やラン、トライアスロントークで盛り上がった。

サイクリストと一緒に話しながら走った。

また、少し進んだ先にもトライアスロンチーム(先程の方とは別のチーム)のお2人がトレーニングで来られており差し入れをいただいた。

球磨川沿いのこの道はロードバイクにも最適なコースなんだろう(適度な傾斜で信号も少なく交通量も少ないので)

出会いに感謝をし、人吉を目指す。

SL人吉号と桜

さて、前に進みつつそろそろSLが通過する時間が近づいてきた。

「ボオオーー!ボオオーー!」という汽笛と黒い煙をあげて遠目の線路に黒いフォルムが顔を出した。トンネルや建物で見え隠れをしてこちらに近づいてくる。

すぐ真横を通過するときも大きな汽笛を鳴らしてくれて過ぎ去っていった。

僕たちへのファンサービスだろうか。

SLを満喫して前へ進み「一勝地」駅というところに到着した。

どうやら駅名に「勝(かつ)」という漢字が入っており、勝負事に良い駅とされているらしい。

記念入場券と販売をしているので、御守りとして買ってみた。

西人吉駅付近の桜並木

西人吉駅西側に位置する広場になっている場所でキレイに咲いていた(公園ではないようだ)

それから人吉城跡を目指した。実はこの時点でかなり足は消耗しており、右足も調子が悪くなっていた。気分転換に靴を変える。

人吉城跡と桜

人吉城跡は、国の指定史跡に指定されており、城内に230本のソメイヨシノが植えられている。

城跡なので階段が負傷してある足にはきつい。

桜もちとともに。お花見を堪能した。

鹿児島へ突入。夜桜が美しい『忠元公園』

さて、人吉を後にし、国道267号線を進んで鹿児島県伊佐市を目指す。

長いトンネルを抜け鹿児島県へ突入した。

日も暮れてきて、今回では特に長時間の旅ランとなった。

結局、今回最長の距離を走り、21時過ぎに目的地の「忠元公園」に到着した。

到着の頃にはライトアップがされており、夜桜を楽しむことができた。

今日はここでゴール。さあ明日は最終日で鹿児島市ドルフィンポートまでを目指す。

明日のために今日は休もう。

***********

7日目
77.0km
熊本県八千代市~鹿児島県伊佐市

#九州縦断桜名所旅ラン
#九州縦断
#桜名所
#旅ラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅ランナーいっちー

走って47都道府県をめぐる旅「日本一周☆旅ラン」を実施&完走(2015-2016)。 サブスリー達成。トライアスロンアイアンマンレース完走。「走る」を通じて「自然」、「旅」、「人」、「走ること」のすばらしさや楽しさを伝える。